モリンガ美臭美人 体験失敗

口臭を自分で確認する方法

 

誰かと会話している時や、仕事のミーティングなどで自分の口臭が気になってしまい、積極的にコミュニケーションができなかったというような経験は多くの人がしているのではないでしょうか。

 

人の嗅覚は慣れてしまった臭いには鈍感になるので、自分の臭いには気付きにくくなります。

 

自分には口臭があるのか?あるとしたらその原因は何か?また、どんな匂いなのか?など、あらかじめ自分でチェックしておくと対策を取ることができます。

 

ではどうやって自分で確認すればいいか?その方法を簡潔にまとめました。

 

1.舌が白くなっていないかを確認する
舌の表面にできる白い汚れは「舌苔」と呼ばれるものです。
舌苔は口臭と密接な関係にあり、臭いの原因となる「VSC」という物質を最近が作りだした結果現れたものです。
舌苔は細菌の塊です。気づいたら舌ブラシでお掃除をする必要があります。

 

2.手を舐めてチェックする
手のひらや手の甲を舐めて、唾液が完全に乾いた後にその臭いを嗅いだ時に感じる臭いは、自分の口臭に極めて近い臭いです。
通常はほとんど無臭のはずなので、もし臭いがするという場合には自分には口臭があると判断するのが妥当でしょう。
この方法は、臭いがあるかがわかるだけでなく、どんな臭いなのかやその強さまでほぼ正確にわかる分、心理的なショックを受けてしまう可能性があります。そのため、この方法を行う場合はそれなりに心の準備をしたほうが良いでしょう。

 

3.ビニール袋やコップで確認する
袋やコップなどに息を吹きかけて、その息が漏れないように手で蓋をするなどして閉じ込めます。
そのあと一旦ニュートラルな空気を吸い直し、改めて閉じ込めていた臭いを嗅いでみると自分の口臭があるか確認することができます。
また、寝起きの朝一番、歯を磨いたり食事をしたり、おしゃべりをする前に、この方法でチェックすると、生理的な口臭がわかります。

 

4.口臭チェッカーを使う
市販されている「口臭判定器」は、口臭の原因成分である「メチルメルカプタン」や「硫化水素」をセンサーでとらえ、口臭のレベルを知らせてくれます。
口臭の度合いを4段階や6段階など、様々な形で測るタイプが色々あります。
こういった口臭チェッカーは、数千円のものが多くイメージよりもリーズナブルです。
臭いの強弱は図れますが、どんな臭いなのかがわからないのがゆいいっの欠点といえるでしょう

 

口臭を確認していて初めて気づくこともあります。
朝の歯磨きの後などの寝起きに測った時、強い口臭を感じるようであれば、原因として考えられるのは虫歯なので、自分に虫歯があることに気づくことができるかもしれません。
口臭チェックを定期的に行うとこのようなメリットもあります。

 

自分の口臭は気になりますよね。
気になった時は放置せずに、早めに対処していきましょう。